PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

バイバイ べるる 【Bye-bye Berlusconi】

明日は選挙だというのに、なんとイタリアの首相が誘拐されたそうです!!!

誘拐された?!
*クリックで拡大*

大変だぁ???っ!




びっくりしました?笑。
これ、べるるのそっくりさんです。
似てますよね。(植毛&フェイスリフティング前)
そして、コレはある映画の1場面。
ワニじゃないですよ。ワニじゃ。

バイバイ べるる
*クリックで拡大*

コレが、その映画。
タイトルはズバリ“ByeBye Berlusconi (Buonanotte Topolino)”。
オフィシャルサイトはこちらです。
ただし、残念なことに(?)このサイト、ドイツ語です。涙。
分かりません!!!涙涙涙。
こちらは英語での紹介サイト。
…それにしても、ステキなポスター。笑。

いろいろと情報を探してみた結果、この映画今年のベルリン映画祭に出展された作品であることが判明。
ドイツでは3月16日から上映が始まっている模様。

その内容は、と言いますと……。

ベルルスコー二の誘拐事件(名前はトポリーノ(=ミッキーマウス)に変えてある)を描く映画を作ろうと考えたイタリアの映画チームが、周囲から問題視されていく様子と、その映画をかわるがわるに切り張りしたような映画だそうです。
インターネットで市民が投票する公開裁判で、べるるの悪事を世界にさらすのが誘拐犯たちの目的ですって。
そして、トレイラー(予告編)の中では偽べるるがリフティングしたりしてました♪

AC Topolino!!
*クリックで拡大*

トレイラー ドイツ語版


トレイラー イタリア語版


注:内容が異なっていますので、両方見るとおもしろいと思います。

イタリア語版ではトポリーノ、歌っちゃってますね♪
 ♪ボクはトポリ??ノォ?♪
 ♪人々のために働く?♪
 ♪ほほえんで、ボクは満足さ!♪
その次はトポリーノ役の俳優への(映画内)インタヴューでしょうか?
 『この映画に人生をかけてるんだ!
  おいらはアメリカに行きたいんだよぉ。アメリカへ!!』
 …なんだか、口調が南っぽいのは気のせいかしら???

あぁ、見たい!!!この映画。
AC MilanがAC Topolinoだったり、Forza ItaliaがForza Topolonia。
裸のおねぇさんがでてくるテレビはTeleAnguria。
誘拐された後の目隠しにはよく見えないけど、Barillaっぽかったし。
ドイツ人、グッドジョブ!!!って感じです。笑。
ドイツ語分かったらトレイラー見てももっとおもしろいんだろうなぁ。むぅ。

しかし、映画内映画でベルルスコーニ。そして、コメディ。
……どこかで聞いたような……。
偶然???それとも?????
まさか、まさか?!パクリなんてことはないですよね?????


さて、明日がいよいよ投票日となりましたが、この映画のタイトル通り
『バイバイべるる』になっちゃうんでしょうか?
ちなみに、ワタクシ昨夜はべるる落選の夢を見てしまいました。
実は、プロディも私の夢の中では落選。
なんと当選はダークホース"io c'entro" Casiniさんでした。
そうか!Casiniなら、べるるが裏で操れる!などと朝から一人で納得。

それにしてもこの選挙、荒れ模様になる気配ですね。
どこかのお猿のジョージくんに入れ知恵されたべるる、どこかの国と似たようなコンピューター投票システムを導入してます。
(もちろん、つてのある会社の子会社の子会社みたいなところが開発したモノ。)
在伊アメリカ大使館からはアメリカ人の皆さんに、選挙当日はデモに発展する可能性が高いので、外出を控えるようにという通達もでている模様。

あぁ、なんで私はイタリアにいないんだぁぁぁ!涙涙涙。
在伊のみなさま、生の情報、お知らせください。
よろしくお願いいたします。



スポンサーサイト

| べるるウォッチング | 23:17 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT

昨日見てきました。個人的にはわにの方がイタリア的ラブストーリーがあり、好きです。わには刺激が足りないと思ったけど、(もっと強烈なのかと思いきや、皆知ってる事だし、って映画でも言ってましたが、その程度。でも天井からお金の詰まったトランクがべるるに落ちてくる、こういうジョークは最高です。)、こちらは強烈です。

映画の初期はピー音だらけで(汚い言葉より、人名です。テレアングリアではscopareって歌ってましたし。)、わかりずらく、ドイツ語字幕とイタリア語字幕解説がかぶってたり、最後のヒロインの語りは原語上映なのに口と声がうまくかぶってないとか(わざとかしら?)さすがドイツ人、犯人を最後は自殺でかたずける強引さ。

この監督、裁判物が好きですね。2年前もそんなのがあったらしい。

でもこれ、イタリアで見れるのかしら?ってくらい強烈です。政治家の人名にbo,fiとかあり、そのまますぎるんです。

テレビのクイズでは、パパジョバンニ2はいくつで亡くなりましたか?1)84,2)148,3)184、で、回答者はうーんわからないわ、2かしら?、で、大当たりとか、ジョークのわからないドイツ人は、本気でそんなとんでもないテレビだと(実際とんでもないけど)思いそうで怖い。(笑)

よくドイツ人はイタリアではべるるの批判が出来ないと言っているけど、政治家を小ばかにすることはカナレ5でも、イタリア1でもしてますよね。

わにの方には3年前のべるるドイツ発言が入ってるのですが、ドイツに住んで、ドイツ人にむかつく事の多い今となっては(とはいえ夫もドイツ人)、もっとベルル言ってくれ!、って感じです。(笑)

観客は、イタリア学科に通ってそうなドイツ人大学生とかで、15人程度、やっぱりイタリアに興味がないと見ないんだ、と思いました。


| ペンギン | 2006/04/20 22:23 | URL | ≫ EDIT

★ペンギンさん★
お久しぶりです。
映画の詳しいレポート、どうもありがとうございました!感謝感謝です。
ペンギンさんは両方をご覧になられたのですね?!
なんと羨ましい!!!

『ワニ』の3年前の失言って、ドイツのバカンス客の?それともナチス発言の方かしら?
『バイバイ』の方のスイカテレビ。見てみたいわぁ~♪
ちなみにドイツ語でスイカってなにか意味があるのですか?

ペンギンさんのレポートでさらに映画みたい欲に火がついてしまいました。
…ナポリ在住の友に頼んでDVDでも送ってもらおうかしら。
あ、正規版ですよ。ご心配なく。(苦笑)

ワニの方はカンヌ映画祭に出品される模様です。
賞を取ったら日本にも来るかしら?と思っているのですが…。
興行成績は目に見えて悪そうですよね。苦笑。

| ふぉか→ペンギンさん | 2006/04/23 02:25 | URL | ≫ EDIT














非公開コメント

TRACKBACK URL

http://foca.blog8.fc2.com/tb.php/96-9649066e

TRACKBACK

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。