| PAGESELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

カウントダウン開始?! 【Cominciato Conteggio?!】

先日お伝えいたしましたボスの中のボスの逮捕。
続報が入りました!

43年間逃亡の伊マフィアのドン、聖書を暗号化
サンスポ.comより


逮捕された伊マフィアの首領(73)が、聖書を暗号化して子分たちと連絡を取り合っていた可能性が22日わかった。首領は映画「ゴッドファーザー」のモデルとなったシチリア島のマフィアの“ボス中のボス”。43年間も逃亡を続けられた裏には、聖書を悪用するという、神をも畏(おそ)れぬ所業があったわけだ。伊捜査当局は伝説的マフィアの実態解明に向け、暗号読解に着手した。

捜査当局によると、11日に逮捕されたベルナルド・プロベンツァーノ被告(73)が潜伏したシチリア島の隠れ家のベッド脇から、一定の語句や数字部分などに線を引いた聖書が見つかった。さらにタイプライター2台と、暗号や数字が書かれた大量のメモも見つかった。

「重要なメッセージを組織に伝える際、聖書の言葉や数字を組み合わせた暗号を使っていたのではないか」と捜査関係者。暗号メモは「郵便配達人」と呼ばれる複数の人物を経て相手に渡る仕組み。同被告が最も信頼を寄せた配達人は、なんと反マフィア組織の幹部だったという。

厳重な警備で知られる伊中部の刑務所に拘留中の同被告は、ベッド脇の聖書の返還を執拗に要求。返還を拒否する捜査官に「聖書は読むものではなく、理解するものだ」などと漏らしており、捜査当局は聖書が暗号化されていた疑いをさらに強めている。

捜査関係者は「暗号解読で政財界などとのつながりも浮かび上がることは間違いない」と指摘。一大スキャンダルに発展する可能性がある。

≪注:一部略してあります≫



それを知ってかどうか、この週末べるるたんは…。
≫ Read More
スポンサーサイト

| べるるウォッチング | 23:27 | comments(8) | trackbacks(0) | TOP↑

| PAGESELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。